トップページ/ログイン
Welcome eS-League
大会の進行
eS-Leagueの説明書
S-Leagueについて
 
▼ eS-Leagueについて ▼

S-Leagueの前身となったUCL(ウロチョロリーグ)はFC Manualists、JapanManual、SEED JAPAN、FC CLB、の4チームによるフレンドリーリーグが最初です。

その後、SEED主催のリーグ戦が誕生したのが、S-Leagueとなります。

完全招待制のリーグとして、2015年9月4日にS-League1stが開幕。

参加チームは、SEED JAPAN、SEED JAPAN 2016、FC Manualists、JapanManual、Blaze over、Stanford Bapesta、の6チームによる総当りH&A方式が採用されていた。

FIFA15ソフトで開催する最後の大会となった、カップトーナメント15FINALもS-Leagueが主催した。

参加チームは、SEED JAPAN、SEED JAPAN 2016、FC Manualists、JapanManual、Blaze over、XxDevil FCxX、Chivalric order、ALL STARs 2015、ARMADA FC、GRATEFUL DEAD、TEO ACADEMY、JUDGEMENT FC、RESERVOIR DOGS、Pulito Island、Shocking Factel、の計15チームによるノックアウト方式のトーナメント戦が採用された。

FIFA16が発売し、最初のS-League2ndは2015年11月7日に開幕しました。

参加チームは、SEED JAPAN NEXT、SEED JAPAN 2016、FC Manualists、JapanManual、Blaze over、Zaurcos F、Joga Bonitos、の7チームによるH&A方式が採用されました。


その後、2018年10月より名称を「S-League」から「eS-League」と変更いたしました。
※呼び方は、以前と同じ「エスリーグ」となります。

今後は全てのFIFAユーザーがeS-Leagueに魅力を感じてくれるような、そうゆう団体を目指していきます。



eS-League運営
eS-League News
11/19
◆VERSAMIGOのサポーター数が、
3,000人を突破しました
11/19
◆FC TIKのサポーター数が、
1,000人を突破しました
11/19
◆PSID:kamentakkyが、
UNDER GROUNDを退団しました
11/19
◆PSID:ennuinaCR7が、
Samokichi ELEVENに移籍しました
11/18
◆FC SORE NANAMIのサポーター数が、
3,000人を突破しました
リーグ情報&カップ情報
その他の情報
アーカイブ